海外旅行でキレる中高年達。マナーのない日本人中高年達が海外で増加中!

先日、フィリピンのとあるリゾート地を訪れた。
 

ホテルをチェックインしようとレセプションへ行くと聞き覚えのある言葉の怒号が聞こえてくる。
 

クレーマー観光客
このホテルのサービスは◎△$♪×¥●&%#
 

そこには日本人であろうおじさんが、現地のスタッフに日本語で罵声を浴びせていた。
 

日本語を喋れるであろうスタッフが平謝りをしていたが、実はこの手のキレる日本人中高年の海外旅行者はアジアの至る所で見ることができる。
 

相手の文化を尊重せず、日本のサービスやクオリティーを求め、納得いかなければ大声でキレる。(もちろん日本語で)。欧米の国々では大人しくしているが、相手がアジアの国々だと途端に態度がデカくなる。
 

これが海外でよく見られる日本の中高年旅行者達の実態だ。
 

今回は、日本のメディアが語ろうとしない、日本の中高年達が、海外でどう見られているかについて語ろうと思う。

会社と公の場の境がない日本の中高年達


自分がサラリーマンを辞めて、世界の国々を周っていた時、様々なバックグランドを持った人との出会いがあった。
 

国、文化、宗教、年齢。様々な「違い」を持った人たちとの交流は、今でも自分の人生に大きな影響を及ぼしている。
 

しかし、その中で相入れることが出来なかった「違い」をもった存在がいた。
 

それが日本の中高年のおじさん達だ。
 

自分より若い日本の旅行者を捕まえては、自分の武勇伝や自慢話を披露する。バックパックで世界を旅行したことのある人なら、一度は経験したことがあるだろう。
 

多くの日本の会社は未だに年功序列で、年上の方が能力の有無に関わらず、無条件にエラいという雰囲気がある。
 

会社で年下の部下達が自分の言うことを聞くので、公の場でも無条件に「若い人間は俺の言うことを聞く」と思ってしまう。
 

さらに今の若い世代に比べて、日本の中高年達は英語が話せる人も少ないので、海外に出ても話相手が日本人しかいない。
 

そのため、おとなしく自分の自慢話を聞いてくれる日本人の若者がターゲットにされてしまうのだ。
 

国、文化、宗教、年齢。様々な「違い」の中で一番乗り越えるのが困難だった壁が「同じ国の世代間の壁」とはなんという皮肉だろう。

海外でもマナーがなく、キレる中高年おじさん達は日本の恥


駅で電車の遅延や運転見合わせで大声で駅員さんに怒鳴っているのも中高年のおじさん達だ。
 

彼らの頭の中では、公の場でも「会社でエラい=俺はエラい」という方程式が出来上がっている。
 

こういう「俺はエラい」系中高年おじさんが海外に行くとどうなるか?
 

冒頭の様に、他の国に言っても「俺はエラい」という態度で、傍若無人な振る舞いをするのだ。
 

特に東南アジアで、このような日本人中高年おじさんが頻繁に見られる。
 

上から目線で現地の人々にあたり、日本並みのサービスとクオリティを求め、叶わなかったらキレる。金にものを言わせて、現地の若い女の子を買い漁り、悦に浸る。
 

現地の人に対してリスペクトやマナーのかけらもない。
 

体格がよく自己主張になれた欧米人相手では、このようなことは絶対しないが、大人しく小柄な東南アジア国々では、途上国として見下し横暴に振る舞う。
 

自分の思い通りに行かなければ、自分たちは日本という「先進国」から来たんだぞと言わんばかりにキレるのだ。
 

こんな横暴なマナーの欠片もない日本人中高年おじさんの態度に、現地の人たちは「見下されている」と気づかない訳がない。
 

そのため、以前の記事でも書いたが「40歳以上の日本人宿泊お断り」とかいうゲストハウスが出てきてしまうのだ。 

冒頭のホテルは5つ星のリゾートホテルだったが、現地のスタッフ達は「日本人は自国並みのサービスやクオリティーを求めてくるので、やりにくい」と漏らしていた。
 

ゲストハウスでも5つ星のリゾートホテルでも、お金を持てる持ってない関わらず、どの層でも日本の中高年が海外でこの様な振る舞いをしているのがわかる。
 

まさしく日本の恥だ。
 

日本のメディアは「日本は世界から好かれている」と言った内容ばかりではなく、このように海外から「日本の中高年はマナーがない」「日本の中高年はすぐキレる」と見られていることをもっと報道していくべきだろう。

中高年おじさんによる昔への哀愁が生み出す国家の凋落


少し日本の中高年おじさん達のマナーから話は逸れるが、昨年に行われたイギリスのEU脱退の投票について、2016年6月25日付の日本経済新聞に興味深い記事があった。

1万2369人の投票分析をみると、世代間の断裂が鮮明だ。18~24歳の73%、25~34歳の62%が残留を支持。ところが45~54歳を境に離脱が多くなり、65歳以上では60%が離脱に投票していた。

イギリスのシルバー世代はこの国の繁栄を身を持って体験しているため、この世代の多くの人が「イギリスは他の欧州の国とは違う。一緒にするな」と考えている。
 

結局、今はもう戻らない「あの頃へ」の哀愁がEU脱退を決定づけたと言ってよいだろう。しかし、残念なことにこの決定に向き合って行くのは、シルバー世代ではなく若者世代なのだ。
 

生まれ育った時代背景、環境というのは、その人の思考回路や行動原理に大きく影響する。
 

これを日本に当てはめるとどうなるか?
 

日本の年功序列の制度から、現在の日本の企業のトップの多くは、今はもう戻らない「あの頃への哀愁」を持った世代だ。
 

そのため、彼ら中高年のおじさん達の頭の中は未だに”Japan as No1”でいる。
 

彼らの頭の中が”Japan as No1”でも、中国の企業が東芝の白物家電、台湾の企業がシャープを買収したりと、自分たちより下と思っていた国々に、お家芸のモノづくり企業が買われているという現実。
 

近い将来、韓国のサムスンや中国のハイアールなどが○ニーを買収という話も非現実的な話ではないかもしれない。

最後に

以前、日本に一時帰国して友人と居酒屋で飲んでいる時に、隣の席に会社の上司と部下(20代と思われる)の間柄らしき人がいた。
 

上司と思われる人は終始「だからお前はダメなんだよ」と仕事についてお説教らしきことを宣っており、部下と思われる若者は終始、口答えをすることもなく「ありがたいお説教」を聞いていた。
 

これが海外であったら刃傷沙汰になってもおかしくない。これからますます国際化していくであろう日本の社会で外国人の部下を持つ中高年おじさん達も増えていくと思う。
 

年上を敬う日本の文化は素晴らしいが、それに甘えているが現在の日本の中高年のおじさん達だ。
 

日本の中高年のおじさんも常に自分の考えや価値観が時代に即しているのかと自問し、自らをアップデートする必要があるのではないだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です