女友達が男の家に泊まりに来る心理と脈ありかの確認方法

もしも付き合ってないのに、女友達が一人暮らしの自分の家に泊まりに来ることになったら。。。
 

付き合ってないのに、異性の家に泊まるその子の心理は? 脈あり? エッチはOK?
 

男なら108個じゃ足りないくらいの煩悩が思い浮かぶと思う。
 

そして、あわよくばと期待に胸を膨らましている男性諸君は必ず次の行動に出るはずだ。

はい。図星だ。
 

自分も海外で一人暮らしをしている関係上、日本から旅行がてら、付き合ってない女友達が泊まりに来ることがよくある。
 

ここで彼女達の心理と脈ありかどうかの判断が非常に重要になって来る。
 

判断を誤れば、その女友達との人間関係だけでなく、周囲の人間関係や評判までに影響が及ぶからだ。
 

今回は付き合ってない女友達が、一人暮らしの男の家に泊まりに来る場合の心理と脈ありかどうかの確認方法を紐解いていこう。
 

付き合ってないのに女友達が一人暮らしの男の家に泊まる心理


悲しいかな。男は勘違いしやすい生き物。
 

付き合ってないのに家に泊まりに来る女友達がいたら、多くの日本男児は「これは脈あり」と思ってしまう。
 

しかし、女の子の側からすれば、男の家に泊まるのは必ずしも「男女の関係の進展」を期待していく訳ではない。
 

女の子が一人暮らしの男の家に泊まりに来る心理は、大きく分けて以下の3つがある。
 

女友達が一人暮らしの男の家に泊まりに来る心理
1. あなたに気があり、男女の関係の進展を期待していく
2. あなたが気になっており、どんな家に住んでどんな生活をしているかの物件調査
3. あなたに気はなく、宿泊費を浮かせるためのホテル代わりとして利用

先ほど「自分も海外で一人暮らしをしている関係上、日本から旅行がてら、付き合ってない女友達が泊まりに来ることがよくある」と自慢げに書いてみた。 

正直に言うと自分の家に来る日本人女子は圧倒的に2か3だ。
 

2は「海外に住んで見たいし、いい生活をしているなら私のカレシにしてやってもいいわよ」というパターン。

3は「ホテル高いし、お金ないから泊めて。でも手を出したらぶっ飛ばすからね」というパターン。
 

女の子が家に泊まりにきたら99.9%の男は「俺に気があるに違いない」と考えるが、これが現実なのだ。
 

考えて見ても欲しい。相席居酒屋にタダ飯を食べに行くように、女の子という生き物は「利用できるものは最大限利用する」リアリストなのだ。
 

つまり、ただ単に男を「道具」としてか見ていない女と「男女の関係の進展を期待していく」女の子の見極めが大変重要になってくる。
 

前者のその気がない女に手を出して拒絶された場合、あっという間に共通の友人たちに噂は広まってしまう。
 

逆に後者の女の子に何もしなかったら相手の子は「自分は女として見られてない」と感じてしまう。
 

この見極めが男の人生を左右すると言っても過言ではないのだ。

異性の家に泊まる女友達の脈ありかどうかの確認方法


では、どうやって女の子の気持ちを見極めれば良いのだろうか?
 

脈ありかどうかの確認方法に低リスクでかつ効果的な方法が一つある。
 

それが「手をつなぐ」または「手に触れる」という方法だ。
 

つなぎ方や触れた時の相手の反応で、脈があるかどうかの判断ができるからだ。
 

例えば一緒に部屋でDVDを見ている時にそっと相手の手に触れてみる。
 

もう少し大胆に行ければ、道を歩いている時に手をつないでみる。
 

まだ付き合ってない相手には、少し勇気がいるかも知れないが「手をつなぐ」または「手に触れる」という行為は、この後、どこまで関係を深められるかの事前チェックになる。
 

相手の手に触れた瞬間、手を引っ込める、または手をつないだ時に、相手の手に力が入っていない等のリアクションであれば、女の子はそれ以上の進展は望んでいない。
 

女の子は共感を求める生き物なので、2人の間に起こった一挙手一投足は、女友達同士の間で広まるのは避けられないと覚悟した方が良い。
 

女の子が家に泊まりにきたからと言って、脈ありと判断して、なんの前触れもなく押し倒してしまうと、その子だけでなく周りの人間関係にまで多大な影響を及ぼしてしまう。
 

そのため「手をつなぐ」または「手に触れる」というのは、相手の気持ちを確かめる上で、とても低リスクで効果的な方法なのだ。
 

女の子が泊まりにきたら、一気にエッチまで持って行きたいという逸る気持ちも分かるが、まずは軽いスキンシップで相手の様子を伺うことから始めてみよう。

昔に比べ、薄れゆく異性の家に泊まるという抵抗感


実は「もしも女友達が家に泊まりに来たら脈ありか?」というテーマの答えは世代によって大きく異なってくる。
 

「女友達が家に来たら関係を持つべき」と言った強気な意見も数多く存在するが、このような意見は30代後半以降の世代に多い。
 

30代後半以降の世代が学生として過ごした時代は、携帯電話はもちろん、メール、チャットアプリやSNSのようなコミュニケーションツールが存在しなかった。
 

そのため、友達に電話をかける時は、相手の家の固定電話にかけるのが一般的だった。もちろん家の誰が電話に出るかわからず、かける相手が異性や彼氏、彼女の場合の緊張感は今の20代にはわからないだろう。
 

今よりずっと男女のコミュニケーションの場が少なく、男女間の壁は高かった。
 

そのため「女友達が自分の家に来る=脈あり」と言う方程式が成り立ちやすかったのだ。
 

逆に30代前半までの女性は、男の家に泊まることに抵抗がない場合が多い。
 

デジタルネイティブと呼ばれる30代前半までの世代は、多感な学生時代からメール、チャットアプリやSNSのようなコミュニケーションツールを使い、どこでもいつでも異性と気軽に会話をしてきた世代だ。
 

男女の友情が成立しやすい環境で育ってきた30代前半までの世代は、上の世代に比べて男女の差をあまり意識しない。 

若ければ若い世代ほど男女の間の壁は低いと言える。
 

上の世代から恋愛に消極的で草食系と揶揄される所以は、思春期という多感な時期に異性に触れ合う機会が多くあったことで、異性を特別視しないからだ。
 

数年前、サラリーマンを辞めて世界を旅してる時に、ヨーロッパで同じ境遇の日本人の女の子と出会い、一緒に欧州を数カ国一緒に周ったことがあった。
 

その道中、年配の人を中心とした日本人の団体旅行と出会う機会があったが、自分たちが「友達同士で旅行している」ということを知ると口々に「付き合う前の男女が一緒に旅行なんて」とたいへん驚いていた。
 

もちろん、自分達はただの友人関係で、毎晩同じ部屋に泊まるが、「何もしない」し「何もなかった」。

出会いはたくさん!?世界一周バックパッカー同士の恋愛事情とは?

2017.10.19

「女友達が来たら関係を持つべき」と言った強気な意見は、学生時代に異性と触れ合う機会が今ほど頻繁になく、「異性の友人」が成立しづらかった世代にのみ通用する考え方だ。
 

世代が変われば価値観も変わる。
 

30代後半以降の世代は「女友達が家にくる=脈あり」という非常にわかりやすい方程式だった世代だ。
 

しかし、欧米なみに男女間の壁が取り払われてきている今の日本人の20代は、必ずしも「女友達が家にくる=脈あり」ということにはならない。
 

今の20代は上の世代と比べると男女の関係がより複雑化しており、「ただの男友達」というカテゴリーが増えた分、「一線を越えられるか」という判断がよりいっそう難しくなっている。
 

若い男女が一つ屋根の下で一緒に寝ても「何もなかった」ということも多いにあるのだ。

結婚後の男女の友情はなぜ続かない?日本独特の男女の友情観

2017.11.21

1 個のコメント

  • そのヨーロッパで出会った同じ境遇の日本人の女の子とは、結果的にどうなったんですか?
    関係持ったんですか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です