日本人男性は海外ではモテないという嘘とその理由

日本にいるとよく耳にする「日本の男性は海外ではモテない」という言葉。

 
しかし、これは本当だろうか? 何をもって「モテない」と定義しているのだろうか?

 
欧米人に比べて小柄な外見?

欧米人に比べてアプローチしない性格?

そもそも外国人女性は日本人男性をどう思っているのだろうか?

 
今回は、世界を周り様々な国々の女の子と触れ合ってきた自分が「日本人男性は海外ではモテない」ということがいかに大嘘かを熱く語りたいと思う。

日本の男は外国人にモテないという嘘

サラリーマンを辞め、バックパッカーとして世界を周っている時に、同じような境遇の海外の女の子と度々出逢う機会があった。

 
その子達と意気投合して、一緒に飲みに行ったり、旅をしたり、それ以上に深い仲になることもあったりなかったり。

 
そして、様々な国々の女の子と交流をしていくと、自分に興味を持ってくれる理由が自分のパーソナリティの他に、2つのバックグランドがあるからということがわかってきた。

その2つのバックグランドとは…

1.自分が日本人だから
2.自分がアジア人だから

 
もちろん、これらの理由よりその人自身のパーソナリティが一番大事なのは言うまでもない。

 
しかし、自分のバックグランドに興味を持ってくれる女の子にアプローチをかければ、外国人の彼女を作ることは難しいことではないのだ。

 
では、どのような外国人女性が日本人男子に興味を持ってくれたのだろうか?

 
以下に詳細をあげてみる。

日本人男性に興味を持ってくれている女の子が多い国・地域

・台湾
・中国
・香港
・韓国
・東南アジア全般

 
これらの地域は「日本のアニメや漫画が好き」「日本語を勉強している」という女の子が多い。そのような共通の話題がある女の子は友達になりやすいし、恋愛にも発展しやすい。

 
もちろん、アジアの女の子の全員が日本文化に興味を持っている訳ではないので(むしろ少数派)そのような女の子とはパーソナリティの勝負になる。

 
日本のコンテンツにさほど興味がないアジア人の女の子でも外見や価値観、文化は日本人と似ており、とても親しみやすい。他の地域の女の子と比べて国際恋愛のハードルもグッと下がる。

 
ひと昔前の日本では、アジア人の女の子と付き合っていると「日本人女性に相手にされないからだ」と都落ちのように揶揄されることもあった。

 
確かに東南アジアの一部では未だに貧しく、貧困から抜け出すために、経済的理由で日本人にアプローチしてくる女の子がいるのもまた事実。

 
それをモテると言えるかどうかは微妙だが、アジアの国々と日本の経済格差も縮まった現在、このようなケースも少なくなってきているのは確かだ。

 
現在のアジアの国々の女の子は経済的にも裕福になってきて、化粧や服と言った外見にお金をかけようになり、日本人好みの外見の女の子も増えてきている。

 
昔と違い、多くのアジア人女性とは経済的な理由ではなく、純粋に相手と向き合って恋愛を楽しめるようになってきているのだ。

 
また、日本のメディアでは「嫌韓」「嫌中」という言葉を使って、さもお互いが相容れないように煽っているが、実際に中国や韓国の女の子と話をすると日本の文化に興味を持ってくれていたり、日本語を勉強していますという子も多い。

 
このように日本人であることで興味を持ってくれたり、外見も似ており、価値観やフィーリングが合いやすく、恋愛に発展しやすいのがアジアの女の子なのだ。

国際恋愛で外国人彼女が欲しいならアジア人女子をオススメする5つ理由

2018.07.07

かわいいインスタ女の子!おすすめアジア人女子20人

2018.03.31

アジア人男性に興味を持ってくれている女の子が多い国・地域

・南米全般
・トルコ
・イラン
・東欧の国々

 
世界のアジア以外の地域には、アジア人男性が大好きという「アジア人フェチ」のような女の子が確かに存在する。

 
これには最近の韓国の音楽やドラマの影響が大きく関係しているようだ。

 
特に南米やトルコ、中東の一部の地域の女の子の間では、韓国の音楽やドラマが大流行している。

 
ボリビアを旅している時には、標高4,000mの村でK-popを聞いている女の子がいたり、ペルーでは自作のK-popアイドルのバッグを掲げている若い女の子も見た。

 
自分のアルゼンチン、ロシア、イランの女友達も大の韓流ファンだ。日本では以前よりは韓流人気が下火になってしまったが、世界では未だに韓流のコンテンツは若い女の子の間で絶大な人気を誇っているのだ。

 
その影響で、アジア人がほとんどいないこれらの地域にアジア人男性が訪れると想像できないくらいにモテる。

 
一緒に写真を撮って欲しいなど日常茶飯事で、FacebookやWhatsApp(Lineのようなチャットアプリ)交換の要求、さらに電話番号を書いた紙まで渡されたこともあった。

 
実際、自分自身もペルーやボリビアで、現地の女子高生から写真攻めにあったり、チリの女子大生からFacebookの交換をお願いされたり、ブラジル人女子からアプローチを受け、家に招待されたりと南米では我が世の春を謳歌させてもらった。

 
これは南米に訪れたことのある日本人男性や韓国人男性も同じような経験をしており、残念ながら自分自身がモテるという訳ではなく、自分がアジア人であるという要素がかなり強い。

 
それでもアジア人に興味をもってくれることをきっかけに、これらの地域の女の子と恋愛に発展する可能性は大いにあるだろう。

なぜ「日本の男は外国人にモテない」と言われるか?

自分が世界を旅した実感では「アジア人・日本人はモテる」とはっきり言い切れる。しかし、日本では「日本人の男性は外国人にモテない」とよく言われている。

 
それは何故なのか?

 
以下の2つの理由が考えられる。

理由その1 日本人から見た外国人女子=欧米の白人だから


残念ながら欧米の白人女子から、アジア人男子は他の地域ほどモテない。欧米の白人女子の理想(外見的にも内面的にも)がアジア人男子とかけ離れているというのが理由であろう。

 
その事実に加え「日本人から見た外国人女子=欧米の白人」という固定観念が大きく影響している。「日本人から見た外国人=欧米の白人」と置き換えてもいいかもしれない。

 
先日、日本に一時帰国した際に見た日本のテレビ番組に、ものすごい違和感を感じた。その番組は日本に来た外国人に理由を尋ね、面白そうな人だったら日本での滞在を密着取材させてもらうというものだった。

 
空港で入国ゲートから出てくる外国人を捕まえて、インタビューをするのだが、TVに出てくる外国人のほとんどが欧米の白人だった。たまに他の地域や人種の方も登場するが、アジア人は皆無だった。

 
訪日外国人の84パーセントがアジア人にも関わらずだ。(2015年、日本政府のデータより)

 
外見が日本人と離れている方が、外国人というイメージが視聴者に訴えやすく、TV的にはウケが良いというのが理由だろう。

 
しかし、こういったものが日本人の「日本人から見た外国人=欧米の白人」という潜在意識を冗長しているのだ。

 
自分が日本で働いていた頃の話だが、どんなに繁忙期でも必ず定時で帰宅するエストニア出身の白人の同僚がいた。

彼が定時に帰ってしまっても、日本人の同僚達は「彼は外国人だから仕方ないな」という雰囲気になる。

 
しかし、同じことを中国人や韓国人、東南アジア出身の同僚がするとどうなるだろう?

 
日本人からの評価が「あいつは空気が読めない」「勤務態度が不真面目だ」となるのだ。

 
これはパーソナリティの問題ではないはずだ。

 
日本人なら認めたくない事実だと思うが、日本人の無意識の欧米人への憧れと他のアジア人への優越感が確かに存在するのだ。

理由その2 文化的な側面

以前の記事にも書いたが、日本人男子は女性に積極的にアプローチをしないし、喜ばせるたり持ち上げたりすることも得意ではない。

日本人女性は海外で世界一モテるという勘違いとその理由

2018.07.06

良く言えば硬派で一途で真面目と言える。

 
しかし、日本人の無意識の欧米人への憧れから「欧米のレディーファースト=(欧米の文化だから)素晴らしい」といった価値観が日本人の中で蔓延しているのも事実だ。

 
よく欧米人と付き合った日本人女性が「アメリカ人のカレ、最高!もう日本人の男には戻れない〜」と頭の悪そうな発言をしているのを見聞きしたことはあるだろう。

 
欧米の白人達のレディーファーストは、女性にとって心地良い(都合が良い)ものなので「日本人の男はダメ」という感情にさらに拍車をかけているのだ。

最後に

「日本男性は海外ではモテない」というのは、日本人の白人コンプレッスとアジア人を下に見る優越感から生じたものだ。

 
欧米人に憧れやコンプレックスを抱くのは、一概に悪いとは言えないかもしれない。人間である以上、そのような感情をもつことは仕方のないことだし、そのコンプレックスや劣等感が明治以降の日本人の文化を作ってきたと言っても過言ではない。

 
だが、そのコンプレックスや劣等感が誤った方向に行ってしまうこともある。

 
欧米に旅行や留学に行った日本人が、現地の白人に人種差別を受けたというのはよく聞く話だ。自分にも経験があるので、残念ながらそのような白人が一定数存在するのは確かかもしれない。

 
しかし、日本人も他の国々や地域、人種に同じことをしていないか胸に手を当てて考える必要があるはずだ。

 
残念ながら、日本だけでなく世界には偏見や差別というものが数多く存在する。

 
国籍、人種、宗教、文化、価値観…様々な偏見や差別の要素となり兼ねないこれらの違いを乗り越えて国際恋愛は成り立つ。

 
自分の中にある気づかなかった偏見や差別に、気づかせてくれるのも国際恋愛の一面だ。

 
日本人男子には、是非、世界に飛び出して異国の女性との恋愛を通じて自分の世界を広げてみて欲しい。

 
なぜなら「日本人男性は海外でモテる」のだから。

日本人女性は海外で世界一モテるという勘違いとその理由

2018.07.06

モテる女性から考える外国人と日本人の価値観の違い

2018.07.04

2 件のコメント

  • 鋭い。最後の二つが原因の可能性は高いですね。

    うーん、でもアジア系や南米系などからは関心を持ってもらえても白人にだけは相手にされないというのも実際違う気がします。欧米に住んでますが僕の経験上色んなバックグラウンドの女性が寄ってきますし、半分くらいは白人系です。南米系からもポジティブな反応が確かに多いですし、黒人系も少しいましたが意外と逆にアジア系からは芳しくありません。特にハーフではない移民の両親の娘。全員ではないですがまるでライバル視されてるかのような態度で睨まれた事もあります。欧米だとアジア系同士の方が争ってる感じがします。

    たぶん、コンプレックスや現地化のせいだと思います。白人からの洗脳で分離してるのではないでしょうか。だとしたら黒人同士が撃ち合ってるのと似てますね。

  • 東南アジア系の女性でも日本の大学に留学している学生や観光業で交換留学生としてきている中国の大学生などは日本文化と同様に異性に対しても興味や願望が強いです。実際、僕は十年前にホテルのレストランスタッフをしていたとき、同じ時期に旅行専門企業と日本政府の交流事業で中国から大学生の留学生が社会実習として来ていました。かわいいコ多かったですし、こちらから話かけたら、一気に距離が近くなります。二人でドライブ行ったりご飯たべたり、中国に帰る前に、一緒に中国にいかないかとか日本語教師としてはたらくなら私協力するよとか悪い気はしなかったですね。だけどお金のためにきているアジア人種は日本人男性を金づるにしかみていません。そこは注意してください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です