男の恋愛は30代からが面白い


30歳を過ぎたら、結婚しなきゃヤバい。
 

日本人なら誰もが考えることではないか?
 

でもちょっと待って欲しい。
 

自分は男なので、女性側のことはわからない。だが男の恋愛は30代からが一番面白いのだ。
 

日本人特有の「べき論」にとらわれて、余裕をなくしてしまうのは非常にもったいないと思う。
 

今日は「なぜ男の恋愛が30代から面白くなるのか?」、そして、それに伴う「30代の男の恋愛における注意事項」を解説していこう。
 

 

男の恋愛は30代からが面白い3つの理由

男の恋愛が30代からが一番面白いのには、3つの理由がある。
 

それら恋愛を面白くしてくれる理由を1つずつ見ていこう。
 

滲み出る精神的・金銭的余裕


20代で一人暮らしをしていると、生活は苦しい。家賃を始めとした高い生活費に低賃金。
 

大企業に就職しても、貯金もままならない生活の人も多いだろう。
 

だが、30代になれば20代と比較して金銭的に余裕が出てくる。
 

20代の時には敷居が高かったあのレストランもデートで気軽に使え、メニューの値段もそれほど気にすることもないだろう。
 

また、お金の余裕は精神的な余裕も生み出す。
 

20代にはない「精神的にも金銭的にも溢れでる余裕」。
 

日本だけではなく、世界のどの国でも言えることだが「余裕のある男はモテる」。
 

この余裕こそ、20代では持ち得なかった30代の恋愛における大きな武器の一つになるのだ。
 

ただし、20代から給料が変わっていないという人は、結構ヤバいので、速やかな転職をオススメする。

日本社会の忖度バトルで磨いたエスコート力


大卒で30歳を迎えれば、社会人も8年近くになり、チームのリーダーとして大きな案件も任されることも多いだろう。
 

会社によっては管理職になる人もいるかも知れない。
 

日本の社会というのは、誤解を恐れずにいうと、「いかに上司や上役に忖度できるか」にかかっていると言っても過言ではない。
 

そんな「忖度のバトルロワイヤル」で磨いた技術は、女性とのデートでも大いに活躍する。
 

女性が何を求めているかを瞬時に察し、最短距離でエスコート。
 

20代の頃にはない、この「忖度力」があれば、20代では3回目のデートで告白なところが、1回目のデートで向こうから告白もあるかもしれない。
 

日本の会社には上司の他にも、承認欲求が無駄に高いおじさん社員や無理難題を押し付けてくる取引先、無能な後輩にヒステリーな御局様といった、取り扱いが難しい難敵が数多く存在する。
 

こんな魑魅魍魎で溢れた日本の労働環境で生き抜いてきたのだから、忙しくて20代は恋愛にご無沙汰だった30代男性も、すでに女性1人をエスコートするなんて朝飯前のはずだ。
 

「30代独身女性はヤバイ」という日本のヤバい風潮


日本には「30代独身女性はヤバイ」「女の幸せは結婚」という根拠なき風潮が未だに根強く存在する。
 

もちろん、30代独身男性にもその様な風当たりはあるが、女性の比ではない。
 

決して褒められる風潮ではないが、この日本の風潮ため、男女の結婚に対する意識は年齢を経るにつれて大きな相違が出てくる。
 

29歳女性
もうすぐ30代だよ。早く結婚しなきゃ、親や友達が、世間が、あぁぁぁぁぁ!
 
29歳男性
結婚はまだいいかな・・・
 

同じ年の男女でもこんな温度差が生じる。
 

世間、親、友人から結婚を急かされる日本の女性達。
 

そのため、20代の頃は、ストライクゾーンも狭くガードの硬かった女性達も日本人の同調圧力に屈し、理想より世間体を選び始める。
 

男側から見れば、20代後半以降の独身女性であれば、デートに誘ってもOKをもらえる確率が格段に高くなるのだ。
 

決して良い風潮とは言えないが、この日本人特有の「べき論」が存在する限り、30代の日本人男性には追い風ともなるのだ。
 

【関連記事】独身が寂しい、辛い、生きづらいと思ったら・・・

独身が寂しい、辛い、生きづらいと思ったら・・・

2018年8月14日

30代の男の恋愛における4つの注意事項

だが、いくら男の恋愛が30代から面白くなってくると言っても注意しなければいけないことも出てくる。
 

30代の男の世間から見られる目は、20代のそれとは大きく違う。
 

では、30代の男の恋愛における注意事項とはなんだろうか?
 

以下、4つのことに気をつけたい。

若い子は自ら狙うな!


日本の30代以上の男性の中には、10歳以上も歳の離れた20代前半の新卒1年目や2年目くらいの女性に、積極的にアプローチを仕掛ける様な男が一定数存在する。
 

はっきり言って、これはかなり気持ちが悪い。
 

大事なことだから、もう一度言うが「かなり気持ちが悪い」。
 

自分が20代前半の時に、興味のない10歳以上の女性から積極的にアプローチされたらどう思うだろうか?
 

39歳独身
自分はまだイケる!
 

・・・とでも思っているのだろうか?
 

その根拠なき自信はどこから来るか不明だが、二桁以上年齢の離れた女性には自分からアプローチしないのが大人の恋愛のマナーだ。
 

20代の女性から見れば、同年代にならともかく、立場の上の中年男性にアプローチされても断りづらく、迷惑この上ない。
 

もちろん、これは歳の差恋愛がダメだと言っている訳ではない。
 

だが、本当にモテる男は、アプローチしなくても、その魅力に惹かれ、女性自らやってくるものだ。
 

30代の魅力は「余裕」だ。
 

年の離れた女性が好きなら、自分からガッつくことなく、向こうからアプローチさせるのが「男」と言えよう。
 

【関連記事】SNSで若い子に絡むキモいおじさんから見える日本の社会問題

SNSで若い子に絡むキモいおじさんから見える日本の社会問題

2018年11月8日

実家暮らしはヤバい!


例えば、30代独身のイケメンで、上場企業勤務の年収1,000万以上というハイスペックな男がいたとしよう。
 

しかし、その男が「実家暮らし」だったら、どうなるだろうか?
 

「実家暮らし」と言うだけで、その魅力は半減してしまう。
 

それくらい「30代独身男 at 実家」というのは、女性に与えるインパクトが大きい。
 

親の介護など特別な事情がない限り、実家暮らしの独身男性、しかも30代となれば世間の見る目は厳しい。
 

個人の事情で考えた場合、実家で暮らしていた方がお金は貯まるし、家事の多くは両親に負担してもらえるため、時間の節約にもなる。
 

周囲の目さえ気にしなければ、経済的合理性のある実家暮らしの方が良いことずくめだ。
 

しかし、自分はそれでも「実家暮らし」に共感はできない。
 

多くの漫画やアニメにおいて、主人公の両親が身近にいないのはなぜだろうか?
 

「ONE PIECE」の主人公ルフィー。
「NARUTO」のナルト。
「ドラゴンボール」の悟空。
「スラムダンク」の桜木花道。
 

漫画だけではなく、日本の昔話の「桃太郎」や「金太郎」も同様に主人公の両親は登場しない。
 

多くの漫画や昔話の主人公は、親がいない又は育ての親の元で成長し、自立して冒険に出ている。
 

その理由を解く鍵が、「ONE PIECE」の作者・尾田栄一郎の言葉にある。
 

彼が以前『ルフィのお母さんって、どういう人なのですか?』という質問に対して、以下のような回答をしている。
 

尾田栄一郎
僕は冒険を描きたいんです。少年は母親から離れるから冒険ができる。冒険の対義語は母親ですから。
 

親の加護の元、自立心のないキャラクターは共感されないし、物語の主人公として相応しくないということなのだろう。
 

これは漫画だけでなく、現実の世界でも同じことが言える。
 

物語の主人公のような人生を送るか、はたまた村人Aというサブキャラで人生を終えるかは、その人の「自立心」次第。
 

「自立」と「経済的合理性」。
 

2つを天秤にかけて選ぶのは個人の自由。しかし、人の選択は時として、合理的なものより優先させなければならないものがある。
 

それがわからない内は、30代になっても恋愛市場で、異性にモテることは絶対ないだろう。
 

デートで割り勘は論外!

「デートで支払いは男がするべきか?」
 

この問題は、日本だけでなく多くの国で議論されている。デートで男性側が支払うかどうかは、男の数だけ答えがあると言っていいだろう。
 

だが、自分はどんな女性でも、二人で出かけたら会計は全部支払うようにしている。
 

理由は「男だからデート代は支払うべき」と言った類のものではない。
 

デート代を全額出すのは、その人自身に女性としての魅力を感じての場合ももちろんあるが、今後の人間関係を円滑にしたり、周りの評判を買うのが一番の目的だ。
 

女性同士の口コミや噂の拡散力は、スゴいものがある。
 

その拡散力を逆に利用し、女性にいい思いをしてもらう。良い印象を与えることによって、その印象が上手く行けば周囲に拡散される。
 

言わば、女性のためにお金を出すことは、男としての「広告費」なのだ。
 

長期的視点に立ってみれば、支払ったお金以上の価値が自分に帰って来る。結果的に女性側も男性側もwin-winの関係だ。
 

残念ながら、デートで割り勘にする男というのは、この視点が欠けている。
 

デキる男は自分の評判の重要性や女性の心理を理解して、この「広告費」にお金をかけるのだ。
 

デートは男が全額出して当たり!
 

このような女性も言語道断だが、割り勘する男も正直デキる男ではない。
 

30代でお金に余裕があるからこそ、恋愛市場での自分の広告費にはお金をかけたい。
 

【関連記事】奢らない男の心理とは!?割り勘は無理と言う女性に言いたいこと

奢らない男の心理とは!?割り勘は無理と言う女性に言いたいこと

2018年10月28日

筋トレ・身だしなみへの気遣いはマスト!


30代になると20代と比較して容姿や体力の面で衰えが出てくる。
 

そんな30代の体の強化やメンテナンスに筋トレと身だしなみへ気遣いは必須項目と言えよう。
 

特に30代の男性が気を付けたいのは以下の2つだ。

・お腹周りの贅肉
・口臭
 

やたらと(無駄な)飲み会が多い日本では、ビールで膨れ上がった中年男性を多く見かける。
 

そして、その大量のアルコール類の摂取やタバコの影響から口臭がキツい人も非常に多い。
 

学生時代はイケメンだった友人も、日本のサラリーマン社会にどっぷりと浸かり、腹が出てしまっている情けない体型ものも多い。
 

せっかく元が良くて、お金を持っていても腹が出て口臭が臭かったら、全てが台無しになってしまう。
 

海外の友人を見ると、ジムで体を鍛え、定期的に歯医者に行き、ブレスケアをきちんと行っている。
 

特にウェイトトレーニングは、語学と一緒で才能などはあまり必要なく、いかに時間を投資したかがモノをいう世界。誰にでも出来ることだ。
 

飲み会という名の「おじさん達の過去の武勇伝発表会」などに出る時間があるならば、ジムで体を鍛える方が遥かに費用対効果が高いだろう。
 

【関連記事】海外の残業の考え方。残業を減らすと人生はこんなに変わる!

海外の残業の考え方。残業を減らすと人生はこんなに変わる!

2018年12月8日

最後に

以上のことをまとめると・・・

男の恋愛は30代からが面白い3つの理由
・精神的・金銭的余裕
・社会人経験で培ったエスコート力
・同世代の女性が結婚に向けて積極的になる。

だが注意しなければならないことも・・・

30代の男の恋愛における4つの注意事項
・若い子は自ら狙うな!
・実家暮らしはヤバい!
・デートで割り勘は論外!
・筋トレ・身だしなみへの気遣いはマスト!

これまで見てきたように、男の恋愛は30代からが一番面白い。
 

だが「30代の男の恋愛における4つの注意事項」で見たように、これらの基本が出来ていない30代の日本人男性も非常に多い。
 

30代の男は、モテる男とそうでない男の格差が大きく開き、「勝ち組」と「負け組」がはっきり分かれるとも言えよう。
 

30代になってもモテなかったら【Omiai】へ
恋をしよう


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)