恋愛で自分に自信がない女性こそ結構モテると思う件


高校の時のクラスメートで、クラスの1,2位を争う可愛さの女の子、A子とB子がいた。
 

2人とも自他共に認める可愛さで、卒業文集の特集で行われた「クラスの可愛い子ランキング」で1,2位を独占した子達だ。
 

あれから、10年とちょっと。
 

15人いた女子クラスメートのうち、A子とB子を除く、13人がすでに結婚している。
 

美人でスタイルも良く、上場企業に勤務しているハイスペックなA子とB子のみが独身でカレシもいないのだ。
 

決して、2人の性格や素行に問題がある訳ではない。
 

しかし、彼女達より地味で大人しく控えめな女の子達の方が、男性から人気で結婚も早かった。
 

なぜ、あれほど「高嶺の花」であったA子とB子だけが未婚で、恋愛からも遠ざかってしまったのか?
 

今回はその理由について、ちょっと考えてみることにしよう。

 

恋愛において、男は自分に自信がない女性が好き?

社会人に成り立ての頃、先輩に誘われて参加した合コンでこんなことがあった。
 

その合コンは4対4で、相手の女性の中に特徴的な2人の女性がいた。
 

北川景子似で誰もが気を引きそうな美人のC子。

大人しくて自分に自信がなさそうなD子。
 

合コンの中で、彼女達に「好きな異性のタイプは?」という鉄板の質問を投げかけてみると・・・

若き日のJohnny
どんな男性がタイプなの?
 

2人はこう回答する。
 

北川景子似のC子
上場企業勤務でお金を持っていて、身長が高く・・・(以下略)
 
大人しいD子
私のことを好きになってくれる人なら、誰でもいい!
 
 

さらに質問を投げかけると・・・
 

若き日のJohnny
合コンはそこそこ行ってるみたいだけど、良い人いた?
 
北川景子似のC子
全然!なかなか良い人いないんだよね・・・
 
大人しいD子
良い人がいても、いつもC子に取られちゃうよ(泣)
 
 

特別、美人という訳ではないD子。
 

しかし、その自分に自信のないことが読み取れる数々の発言に、男性陣は彼女の虜になる。
 

男性陣
ビュンッ━.+゚*━(゚д゚心)━。:゚+━→ブスッ
 
 

結局、合コンの最後には、誰も北川景子似のC子には見向きもせず、男全員がこのD子狙いという結果になってしまったのだ。
 

この様に男は恋愛において、完璧な美人より何か隙のある女性を好む人が多い。
 

大人しくて、控えめで、少し自分に自信がない。そんな女性だ。
 

AKB48などのアイドルを数々ヒットさせた秋元康は、この様に語っている。
 

秋元康
AKBのオーディションで、残念ながら僕がことごとく落としてしまうのは、完成された女の子たちなんです。
 
 

自分に自信がある訳ではないけれど、自分なりに精一杯頑張って、成長しようとしている。
 

そんなシンデレラストーリーの途中のような女の子に、男達は魅了されて応援するのだ。
 

これはアイドルだけでなく恋愛でも同じことが言える。
 

男は美人で仕事も家事も完璧にこなす女性よりも、大人しくてどこか隙があり、控えめな、ややもすれば自分に自信がないような女性を好む傾向がある。
 

男は手に届くと思うからこそ、アプローチをする。だからこそ、男にとって完璧な女性は可愛くないのだ。
 

なぜ男は自分に自信がないような女性を好むのか?

では、なぜ男はちょっと自分に自信がないような女性を好むのだろうか?
 

それには、日本人独自の以下の2つの理由から説明ができる。
 

理由1 不完全なものに美を求める日本人の価値観

「なぜ男はちょっと自分に自信がないような女性を好むのだろうか?」と言ったが、これに当てはまらない人達がいる。
 

それは海外の男性達だ。
 

以前、アメリカ出身の友人に好みの異性タイプを聞かれ・・・
 

若き日のJohnny
可愛くって(Adorable)、控えめで大人しい感じの子かな。
 
 

と答えると・・・
 

友人 from USA
なんでそんな子が好きなのか理解できない。。。
 
 

西洋はシンメトリー(左右対称)や黄金比など、完璧なものを美しいとする一方、日本は「わび・さび」に代表されるように、不完全なものに美を求める傾向がある。
 

あの清少納言も下記のように述べている。
 

清少納言
月は満月よりも、少々欠けているほうがエモくない!?
 
 

満月に美しさを見出す西洋人に対して、少し欠けている月に美しさを見出す日本人。
 

だからこそ、日本人は「少し自分に自信がない女性」に美しさを見出し、「いとおかし」となるのだ。

理由2 男性優位な社会の影響

少し欠けている月を好むように、不完全なものに美しさを見出す日本人。
 

しかし、それだけでは「自分に自信がない女性」がモテる理由にはならない。
 

何故なら、男の場合は、仕事も家事も完璧にこなし、年収も高くイケメンである程モテるからだ。
 

そこに「自信のなさ」が入り込む余地はない。
 

「自分に自信がない女性」が恋愛において人気であるもう1つの理由。
 

それは日本の「男性優位な社会」の影響だ。
 

ダボス会議を主催する「世界経済フォーラム」は、男女格差の度合いを示す「ジェンダーギャップ指数」を毎年発表している。
 

日本の順位は世界144カ国中114位。
 

「女性の社会進出」や「男女平等」がクローバルな流れとは言え、日本ではまだまだ男性優位な部分は、至る所で見られる。
 

大学が女性の受験者の得点を減点したり、政治家が女性議員に対して「早く結婚しろ!」「子どもを産め!」と野次を飛ばす。
 

女性は男性を影で支えるもの。女性は男性より目立ってはいけない。
 

日本では、そんな空気感が未だに色濃く残る。
 

だからこそ、男性と肩を並べて仕事をバリバリこなす女性よりも、大人しく控えめな、女性を好まれるのだ。
 

日本では「東大の女子大生はモテない」としばし言われるが、アメリカでは「ハーバード大女子大生はモテない」と言われることはない。
 

少し自分に自信がない女性が好まれる背景には、男性の優位の社会の存在の裏返しなのだ。
 

自分に自信がない人は無理に自信をつける必要はない

これまで見て来たように、日本人男性が「少し自分に自信がない女性」を好む理由には、ポジティブとネガティブな2つの側面が複雑に絡み合っている。

日本人男性が自分に自信がないような女性を好む2つの理由
・ポジティブな理由 不完全なものに美を求める日本人の価値観
・ネガティブな理由 男性優位な社会の影響

ネガティブな側面である 男性優位な社会の影響は「女性の社会進出」や「男女平等」のクローバルな価値観の浸透に伴い、徐々に薄れていくだろう。
 

男性と肩を並べて仕事をバリバリこなす女性「も」好まれる時代がすぐ来るはずだ。
 

しかし、1000年以上も続いている不完全なものに美を求める日本人の価値観は、今後も大きく変わることはないだろう。
 

大人しくてどこか隙があり、控えめな、ややもすれば自分に自信がないような女性が、日本人男性の中で人気であることはこの先も続くに違いない。
 

日本ではよく「自分に自信がない」という人に対して・・・

成功者
小さな成功体験を増やして、自信を持てるように頑張ろう!
 

とか、SNSに自撮りを大量にあげているモデルや俳優が・・・

モデル
私も昔は自分に自信がなかったから、頑張って!

などと言ってアドバイスをしているシーンによく出会う。
 

しかし、本当に「自分に自信を持つこと」は重要なのだろうか?
 

「自分に自信がない」というのは、「目指したい理想の自分」と言うのがきちんとあって、でも現実はそこから遠い。だから、悩んでいる。
 

そんな状態のことをを言う。
 

極端なマイナス思考や僻みはダメだが、その理想に1歩でも自分なりに近づく努力をしていれば、必ず見てくれている人がいる。
 

自分の容姿に自信がなければ、化粧や服装を頑張ってみる。異性と話すことが苦手であれば、とりあえず相手の目を見て話してみる。
 

重要なのは容姿でも自信でもなく、そんな理想に向かって「自分なりに」頑張っているという、相手の心を動かすストーリーなのだ。
 

シンデレラストーリーの途中のような女の子に、男は魅了される。これは1000年も前から日本人の中にある美意識だ。
 

自分が「欠点」だと思っているところは決して「欠点」ではなく、見る人には「魅力」に映る。
 

だからこそ、自信など無理に持つ必要などないのだ。

最後に

先日、香港のニュースで「中国人女性と結婚する香港人男性が増加している」と言うニュースを見た。
 

その理由は中国人女性は香港人女性に比べて・・・

・大人しい
・控えめ
・優しい

と言った理由からだそうだ。
 

このニュースを当の香港人の友人♂に振ってみたところ、この様に反応が返ってきた。
 

香港の友人
やっぱり、大人しくて優しい女の子の方がモテるよね。
 

そう言えば、「わび・さび」の起源は、中国の宋(960〜1279年)の時代の道教にあるという。
 

シンデレラストーリーの途中のような女の子に魅了されるのは、隣の国も同じようだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)