彼女の髪を乾かしてあげる3つのメリット!


前に日本人の友達と飲みに行った際、ひょんなことから
 

俺、毎日彼女の髪を乾かしてあげているんだよね〜
 
 

と言ったら・・・
 

友達
えー!?嘘でしょ!!!
 

と大変驚かれた経験がある。
 

お風呂上がりの彼女の髪を乾かす。
 

日本人同士のカップルや夫婦では珍しいかもしれないが、男が女性に尽くすという中華圏の文化の中では、さほど珍しいものではない。
※自分は台湾、中国、香港の女性と交際経験がある
 

中国では、カレシに髪を乾かすことを断られた女性が、ショックでマンションの屋上から飛び降りようとする事件が起こるくらい「彼女の髪を乾かしてあげる」というのは、大事な愛情表現の1つなのだ。
 

日本人男性から見たら、パートナーである女性の長い髪を乾かすのは面倒臭い事この上ないと思うのが普通かもしれないが、毎日彼女の髪を乾かしていると得られるメリットもある。
 

そこで、今回は「彼女の髪を乾かしてあげる」という行為について語ってみよう。
 

 

彼女の髪を乾かしてあげる3つのメリット

もし、お風呂上がりの彼女やお嫁さんに
 

カノジョ
髪の毛、乾かして欲しいな♡
 
 

と言われたら、付き合いたてのカップルならまだしも、多くの男性諸君は・・・
 

カレシ
めんどくさっ
 
 

と思うことだろう。
 

確かに、女性の髪は長い場合が多いし、時間もかかる。また、髪を痛めない様な繊細さも求められる。
 

自分の髪を乾かすのとは訳が違う。
 

しかし、彼女(妻)の髪を乾かすことで、大きなメリットも存在する。
 

そのメリットとは何か?
 

次から毎日彼女の髪を乾かしている自分が、「彼女の髪を乾かすこと得られるメリット」を3つ紹介していこう。
 

その1 彼女からの好感度が上がる


お風呂上がりの濡れた彼女の髪を乾かしてあげるメリット。その1番は「好感度の上昇」だ。
 

女性は特別扱いされたいと誰もが思う。
 

髪を乾かすという時間も手間もかかる作業をやってあげることで、彼女(妻)に・・・
 

私って大事にされてる♡
 
 

と思わせることが出来るのだ。
 

また、髪に触れられることで安心感やトキメキを感じ、彼氏(夫)への好感度も爆上がりすることは間違えない。
 

仕事や育児で疲れている女性の髪を乾かしてあげることで、ストレスも軽減され、常に彼女(妻)のご機嫌も維持できるといった効用もある。
 

カップルや夫婦が上手くやっていくコツは、女性側の「機嫌」と男の「特別扱い」にある。
 

これらを一気に解決出来てしまうのが、「髪を乾かしてあげる」という行為なのだ。
 

その2 彼女のことが益々好きになる


お風呂上がりの女性の匂いは最強だ。
 

お風呂上がりは体温が上昇し、シャンプーやボディソープの匂いが濃密に広がる。
 

そんな状態で、彼女(妻)の髪を乾かしてあげたら・・・
 

ワンピース92巻より

 

その甘い髪の匂いで、失神寸前まで行くことは間違えない。
 

女性は、生物学的に特有のホルモンを持ち、異性を魅了する為に良い匂いがすると言われている。
 

しかし、普段から一緒にいるカップルや夫婦は、その匂いに慣れてしまい、一緒にいても何も感じないという男性も多いだろう。
 

だからこそ、お風呂上がりの彼女(妻)の髪を乾かすことで、「彼女の匂いを嗅いだだけでドキドキしたあの頃」を思い出すことが出来るのだ。
 

ハアハアハアハア
 
 

事実、自分も彼女の髪を乾かす時は、その甘い髪の匂いを堪能している。特に頭皮の部分はメチャクチャいい匂い。
 

だが、あんまり匂いを嗅ぎ過ぎると変態の烙印を押されかねないので、彼女の許容範囲を見極める事がとても重要になってくるだろう。
 

ちなみに彼女が使っていたシャンプーの中で、一番いい匂いがしたのが↓これになる。

 

その3 長い髪を乾かす大変さがわかる


自分が今、一緒に住んでいる彼女は胸下まであるロングヘアーだ。
 

髪を洗った後は、「3万円くらいするパナソニック製のバズーカ砲の様なドライヤー」で髪を乾かしているが、それでも毎日10分近くの時間がかかる。
 

これを1週間に換算すると1時間10分。
 

1ヶ月だと5時間10分。
 

1年だと何と61時間もの時間を髪を乾かすことに費やしているのだ。
 

61時間もあれば、ドラクエやファイナル・ファンタジーと言ったRPGを余裕でクリアし、語学を始めても初歩的な会話も可能。映画だったら30本も見ることが出来る時間になる。
 

それくらい長い髪を維持するというのは、大変なことなのだ。
 

そこまで髪が長くないボブの様な髪型でも、乾かすのに5分はかかるだろう。
 

それでも年間30時間以上、髪を乾かすのに使っていることになる。
 

女性が綺麗な髪を維持するのが、どれだけ大変なのか。彼女や妻の髪を乾かすことは、そんなの苦労を知る良い機会にもなるのだ。
 

彼女の髪を乾かす際の注意点


これまで、彼女やお嫁さんの髪を乾かすことのメリットを力説してきた。
 

だが一方で、彼氏(夫)に髪を乾かされるのは・・・
 

嫌っ!自分でやる!
 
 

という女性も一定数いるのは確かだ。
 

こちらのマイナビウーマンの記事によると、約7割もの女性が「彼に髪を乾かしてもらうのが嫌い」という調査結果もある。
 

では、彼女やお嫁さんが髪を乾かしてもらうのが嫌いな場合、どうすれば良いのだろうか?
 

そんな時は、彼女やお嫁さんの負担が少しでも減る様に、ドライヤーをプレゼントしてあげるのはどうだろう?
 

自分は今の彼女と同棲するまで、数千円のドライヤーを使っていた。
 

だから、彼女が一緒に住む時に「3万円もするパナソニック製のバズーカ砲の様なドライヤー」を持ってきた時には・・・
 

ドライヤーなんかに3万円もかけるのか。この子は・・・
※香港だと約3万円、日本だともう少し安くなる
 
 

こんな風に思っていたが、実際このドライヤーを使って彼女の髪を乾かしてみると・・・
 

・髪がサラサラになる
・長い髪でもすぐ乾く

その他にも髪に潤いを与える「スキンモード」や温風と冷風が交互に噴出し、しなやかな髪にする「温冷リズムモード」等、機能も多彩にある。
 

彼女が泊まりに来た時に、数千円のドライヤーで髪を乾かしてあげていた時とは段違いの仕上がりになるのだ。
 

彼女の髪も綺麗になって可愛く見える。髪を乾かすストレスも減ってご機嫌。
 

少し値は張るが、このドライヤー本当にオススメだ。(自分はプレゼントした訳ではないが。。。)
 

 

兎に角、女性の髪を乾かすのは、男が思っている以上に大変なのことだ。
 

その負担が減る様に、少しでも力になってあげれば、2人の関係はきっと上手くいくだろう。
 

彼女の髪を洗ってあげる3つのメリットと注意点

2020年5月3日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)