恋人と手を繋ぐ。右手?左手?どっちの手?

海外で生活していると日本との様々な違いに日々気づかされる。
 

5年間の海外生活で、日本の習慣が実は「少数派」だったというのは多々あるが、その中でも印象に残っているのが「カップルの手の繋ぎ方」だ。
 

海外で手を繋いだカップルを見ると、男性は左側に立ち、右手を、女性は右側に立ち、左手を繋いでいることが多い。


しかし、日本の場合、海外とは逆で男性が右側、女性が左側というケースが多数派になる。
 

一体、この日本と海外の違いは何処から来るものなのだろうか?
 

今回は、手を繋ぐ時の立ち位置について、心理、文化、歴史の3つの側面から考察して見る。
※便宜上、これから論ずる対象は男女共に右利きとする。

心理的理由:日本と海外での手を繋ぐ時の男性心理と女性心理の違い


心理学的に右側に立って左手を繋ぐことは、利き手が自由に使え、相手をリードしやすく、逆に左側は、利き手を預けることで安心感を得られるとされている。
 

日本の場合、「半歩下がってついて行く」という言葉がある様に、女性は控えめな方が良いという考え方が根強く残る。
 

言葉の是非はさて置き、そのため、男性が右側に立ち、左手を繋ぐというケースが多いのだろう。
 

反対に、欧米では自立した女性が評価され、中華圏や東南アジアの国々などは、男性よりも稼ぐ女性が多い。そのため、カップルでも女性が男性をリードするというケースが多い。
 

そのような理由から、海外の多くの国では女性が右側に立ち、左手を繋ぐというカップルが多く見られるのではないだろうか。

文化的理由:道路の通行ルールが手のつなぎ方に影響?日本の左側通行は少数派


日本の道路は左側通行だが、実はこれは世界でも少数派。
 

理由は、侍が歩く際に刀がぶつからない様に、左側通行になった説や明治政府がイギリスの制度を取り入れた等、諸説ある。
 

下記の地図の赤色が右側通行、青色が左側通行を採用している国だ。日本の左側通行が少数派なのがわかるだろう。

左側通行を採用している日本では、車は右ハンドルになるため、車を運転する機会が多い男性が右側にいるケースが多い。
 

また車だけでなく、歩く際も左側通行となるため、右側に女性が立ってしまうと人とぶつかったりする危険性がある。そのため、自然に男性が右側、女性が左側となったと推測できる。
 

そうすれば、右側通行が主流の海外では日本と反対で男性が左側、女性が右側が主流というのも説明がつく。

歴史的理由:男性の癒しとなるため女性は左側?


左脳は論理的・分析的で言語を司り、右脳は直観的・感性的思考を司っていると言われている。そして左脳は右手と、右脳は左手と繋がっている。
 

それを踏まえた上で、インド出身のブロガーが下記のことを述べていた。

古来より、男性は日々獲物を捕るために(左脳が司る)論理的思考や分析能力の部分が発達していった。そのため(右脳が司る)感性な部分を補う目的で、女性は男性の側に立って、愛をささやき、踊ったのだ。(男性の右脳を刺激するために)女性が常に男性の左側にいることは必然だったと言える。
To have Woman on your Left hand side is the Right approach!より抜粋

男性は古来より獲物を捕るために、論理的思考を司る左脳をフル回転させていて、右脳を使用する共感や感性といったものは必要なかった。それを補うために、女性は男性と一緒に入る時は、常に左側に立ち、右脳を刺激させたという説だ。
 

著者はインド出身で、インドは日本と同じ左側通行のためか、男性が右側、女性が左側という前提で自説を語っている。
 

しかし、今でこそ、世界の主流は右側通行だが、それ以前、中世までは左側通行が主流だったと言われている。そう考えるとあながちこの説は間違ってはいないのかもしれない。
 

中世以前は男性を癒すために女性は男性の左側に立ち、その後、右側通行になった国々は、女性を危険から守るために男性が左側、女性は右側と変化していったのだ。

最後に

日本のカップルは手を繋ぐ時に、男性が右側、女性は左側というのが主流だ。しかし、その逆パターンももちろん存在する。
 

自分は高校生の頃から、この立ち位置の違いはどの様に生まれるか疑問に思っていた。周りのカップルに聞いてみたこともあるが、返ってくる答えは、いつも「なんとなく」という感覚的な答えだ。
 

Googleで検索しても答えは出てこない。そのため、今回、3つのアプローチから考えて見た。
 

ちなみに、自分は右側に人がいると、何故か落ち着かないので、常に相手の右側に立ち、左手を繋ぐ。
 

なぜ?と聞かれると、やはり「なんとなく」という感覚的な答えしか言えない自分がもどかしいのだけれども。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です