おすすめ海外の夜景スポット10選(アジア編)


今回は2年間、世界を旅した自分が、海外の夜景の中で、特にオススメできる場所を紹介する。
 

最初はアジア編と題して、アジアの中の定番の観光地から誰も知らない穴場まで10カ所の夜景スポットを厳選してみた。
 

いずれの夜景スポットも日本から飛行機で数時間で行ける国なので、1人旅のバックパッカーや女子旅、恋人とのカップル旅、どんな旅のスタイルでもオススメな場所となっている。
 

次回の旅の参考にしてみてはいかがだろうか?

アジアのおすすめ夜景スポット
第10位. ウィンマカオ(マカオ)

数あるマカオの夜景スポットの中で一番のオススメは、マカオを代表するカジノの一つ「ウィンマカオ」の正面玄関前から見るホテルやカジノのネオンサイン。
 

マカオのランドマークとも言えるグランド・リスボアホテル (Grand Lisboa) のネオンが水辺に映る景色は必見だ。また、ウィンマカオの正面玄関前では、毎晩、無料の噴水ショーが行われている。
 

※詳細なスケジュールは下記参照
Web: http://www.wynnmacau.com/en/shows/performance-lake

 

アジアのおすすめ夜景スポット
第9位. KLタワー(クアラルンプール・マレーシア)

クアラルンプール中心地の小高い丘の上にそびえ立つKLタワー。ここから見るペトロナス・ツインタワー方面の夜景はアジアでも指折りの夜景だ。
 

KLタワーは、屋内から見る「展望フロア」と屋外の「スカイデック」の2種類の展望台がある。「スカイデック」の方が入場料が高いが、その分、混雑もなくクアラルンプールの夜景をゆっくりと堪能できるのでオススメだ。
 

Web: https://www.menarakl.com.my

 

 

アジアのおすすめ夜景スポット
第8位. ランタン祭り(ホイアン・ベトナム)

ベトナム中部の町、古都ホイアン。ここで毎月、満月の夜(旧暦の14日)に開催されるランタン祭りは、とても幻想的な雰囲気に包まれる。
 

ノスタルジックな街並みと幻想的な灯篭が流れる川は、夜景スポットとしてもアジア随一だ。

 

アジアのおすすめ夜景スポット
第7位. シュエダゴン・パゴダ(ヤンゴン・ミャンマー)


7位にランクインしたのは、敬虔な仏教徒が多いミャンマーから。

 
ヤンゴン中心部に位置する仏塔、シュエダゴン・パゴダの夜空をバックに黄金に輝く姿は、多くの観光客を惹きつけている。

 
夜景だけでなく、周囲の熱心に祈りを捧げる人々や日本とは違い、派手な装飾の仏像たちが、より一層、非日常な空間に誘ってくれる。

 

 

アジアのおすすめ夜景スポット
第6位. バイヨーク スカイタワー(バンコク・タイ)

東南アジア随一の大都会バンコクからはバイヨーク スカイタワーがランクイン。

 
バンコクには夜景が見れるルーフトップバーがたくさんある。しかし「中々、バーは入りづらい」という人にオススメなのが、このバイヨーク・スカイタワーの展望デッキ。

 
BTS駅から離れているのが少々難点だが、その分、観光客も少なく大都会バンコクの夜景を独り占め出来てしまうかも?

 
Web: http://www.baiyokehotel.com

 

 

アジアのおすすめ夜景スポット
第5位. マリーナベイ・サンズ(シンガポール)


アジアの夜景で外せないのが、シンガポールのマリーナベイ・サンズ。

 
展望台に上ってシンガポールの夜景を堪能するのも良し、対岸からライトアップショーを見るのも良し。毎日、無料で観ることができる、色とりどりのレザーが飛び交うライトアップショーは必見。

 
どこから見ても絵になるのが、マリーナベイ・サンズだ。

 
Web: http://jp.marinabaysands.com/sands-skypark/observation-deck.html

 

 

アジアのおすすめ夜景スポット
第4位. 象山(台北・台湾)

4位は、台湾で地元の人からも人気がある夜景スポット・象山。

 
近くにMRT象山駅も開通し、アクセスも格段に楽になった。山といっても海抜183mしかなく、20分程で登ることができる。

 
夜の登山道は明かりが少なく少し心細いが、21時くらいまでなら、絶景目当ての観光客やアマチュアカメラマンがたくさんいるので、女性の1人歩きでも問題なく楽しめる夜景スポットだ。

 

 

アジアのおすすめ夜景スポット
第3位. 上海環球金融中心(上海・中国)


「東洋の魔都」上海からは、上海環球金融中心の展望台がランクイン。外灘や東方明珠塔を眼下に望む上海の夜景は、息を飲む美しさだ。

 
しかし、さすがは人口13億以上を擁する中国。展望台のチケット売り場はいつも長蛇の列ができ、展望台自体も大きくないのでかなり混み合う。夕方のマジックアワーを見たい人は、余裕を持って並ぶことをオススメする。

 

 

アジアのおすすめ夜景スポット
第2位. 荒嶺山・ファンリョンサン(釜山・韓国)

日本人にはあまり馴染みがないかもしれないが、地元の釜山っ子には自慢の夜景スポット、荒嶺山。山の頂上からは釜山の街並みが一望できる。
 

ただ観光地化されていないため、交通手段が車しかない。タクシーの運転手に「황령산」と書いた紙を見せて、山頂まで連れて行ってもらうのがベストだ。

 

 

アジアのおすすめ夜景スポット
第1位. 盧吉道・ルガードロード(香港)

第1位は、やはり百万ドルの夜景・香港。
 

ビクトリア・ピークや尖沙咀のプロムナードから夜景もいいが、オススメはビクトリア・ピークのハイキングコース上にある盧吉道(ルガード・ロード)から見渡す香港の夜景だ。

 
ピークトラムに乗って山頂に着いたら、左に曲がると坂道があり、その脇に細い小道がある。これが盧吉道だ。ここを10分ほど進むと写真の絶景スポットに到着する。多くの地元のアマチュアカメラマン達が絶景を狙って三脚を構えている。

 
香港の夜景は、オフィス街なので土日より平日の方が明かりが多く、断然綺麗なので平日の夜を狙うのがオススメだ。

香港観光のおすすめ穴場夜景スポットはどこ? vol.2 〜ルガードロード(盧吉道)〜

2018年6月9日

 

 

最後に

第1位に選んだ香港に住んでいる友人は、以前、こんなことを言っていた。

 
「嫌なことがあっても、この夜景を見れば、また明日から頑張ろうって思える」

 
夜景には癒し効果があるのとされている。日本の生活にストレスを感じたら、これらの夜景を目的に、航空券を取ってみるのもいいだろう。きっと良い充電期間になるはずだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です