日本人の年齢気にしすぎ問題について語ってみる


先日、サントリーの新浪氏が「45歳定年制度」の導入を訴えて、様々な媒体で炎上した。
 

本人の意図は、人材の流動化を狙ったものだと思うが、「年齢」という物差しで語ったことで、多くの人が反発した結果となった。
 

そもそも45歳という根拠が不明だし、経営者がこのような発言をしてしまうと・・・
 

経営者
若手の方が、賃金が安くて体力もあるから使い勝手が良いよね。
 

という本音が隠れていると受け取られても無理はない。
 

配慮が足りなかったと言えるだろう。
 

しかしながら、新浪氏だけではない。
 

海外で暮らしていると、日本人の中には、無意識な年齢による偏見や差別というもの潜在していると多々感じることがある。
 

日本人
30歳を過ぎて独身?ヤバっwww
 

日本人
25歳で大学生?ウケるwww
 

日本人
その歳で転職?ムリwww
 

日本人
10代で妊娠?ちゃんと育てられるの?
 

このように日本人は年齢を気にして、年齢によって物事や人をジャッジしようとする傾向が非常に強い。
 

それは何故なのだろうか?
 

そこで今回は、この日本人の年齢気にしすぎ問題について語っていこう。
 

 

日本人の根底にある年齢による差別や偏見


日本人は、相手や自分の年齢を非常に気にする傾向がある。
 

その最たる負の側面は、新浪氏が「45歳定年説」を唱えたように、無意識な年齢による偏見や差別だろう。
 

例えば、日本の就職活動。
 

応募資格に年齢上限が設けられていることや転職35歳限界説に代表されるように、その人の能力ではなく「年齢」が採用の可否に与える影響は強い。
 

このような就職における年齢差別は、世界的に見て違法行為・人権侵害だと理解されている。
 

例えば、アメリカやカナダ、EU加盟国、韓国などでは履歴書で年齢等の個人的属性を問うこと自体が差別とされ、法律で禁止されている。
 

しかしながら、日本の企業では、あの夢の国を運営する会社でさえ、
 

ディ〇ニー
30歳以上のババァはいらねーんだよ!!!
 

というパワハラがあったように、差別意識が皆無だ。
 

一応、日本でも雇用対策法で「年齢制限」を禁止にしてはいるが、日本の企業が守るわけがない。
 

このような年齢差別は、企業だけではない。
 

大学入試でも、複数の大学で浪人生を意図的に減点していたことが明るみになっている。
 

このように、日本では国の根幹を成す企業や教育機関が、堂々と年齢による偏見や差別を行っているのだ。
 

海外では年齢を気にしない?


年齢による偏見や差別が蔓延している日本。
 

では、海外はどうだろうか?
 

以前、アメリカのスーパーマーケットを訪れた時のことだ。
 

買い物を終えて、会計に向かうとレジを担当していたのは、初老の男性。
 

彼はお釣りを数えるのにも戸惑っていて、他のスタッフと比較すると動作が圧倒的に遅かった。
 

それを怪訝な表情で見ていた自分に、近くにいた若い女性スタッフが・・・
 

米国人
ごめんね~。その人、新人だから。。。
 

と声をかけてきたのだ。
 

年齢によって、「新人」「ベテラン」とカテゴライズする日本に対して、初老の男性にも「新人」という言葉を使うアメリカ社会。
 

またアメリカは、就職面接の時の履歴書に「年齢」を記載しないのは、日本でも有名な話だ。
 

一方、ここ香港でも「年齢」に関して、似たような経験をした。
 

自分は、毎年、仲の良い香港に住む友人達に誕生日を祝ってもらっている。
 

誕生会で、日本人なら普通・・・
 

日本人
何歳になったの?
 

といった質問が必ず飛んでくる。
 

しかしながら、香港では、誕生日を祝われるときでさえも、未だに年齢を聞かれたことがないのだ。
 

そのため、自分も彼らの年齢を知らない。
 

そもそも彼らは年齢というものに、あまり興味がないのだろう。
 

また、ある香港人の友人とバーで飲んでいた時のことだ。
 

その友人が・・・
 

香港人
今、近くに友達がいるから、ここに呼んでいい?
 

と言ってきたので、快諾。
 

彼の友達ということで、てっきり同世代くらいの人が来ると思っていたが、なんとやって来たのは、少なくとも10歳~20歳程、年上の男性だった。
 

自分より10歳以上の年上の人を「友達」と呼ぶ香港人。
 

学校や職場などで、年齢が違ってもファースト・ネームで呼び合う関係も影響しているのだろうが、日本ではあまり見られない光景だった。
 


 

なぜ、日本人は年齢を気にするのか?


では、なぜ日本人はここまで年齢を気にするのだろうか?
 

その理由は2つある。
 

日本人が年齢を気にする理由
1.日本語に年上を敬う敬語が存在するため
2.年相応を求められる同調圧力が存在するため

言い換えると、1は円滑な人間関係のため。2は相手をどのような人間かジャッジするためと言える。
 

2つの理由の詳細をそれぞれ見ていこう。
 

円滑な人間関係のための敬語

海外にも敬語はあるが、日本語ほど厳格なものは少ない。
 

日本語の敬語は、8世紀にはその存在が確認されており、古代の身分制社会における上下関係が起源とされる。
 

そこから派生して、現在の日本では、相手の年齢で言葉を使い分ける文化(敬語の有無)が存在する。
 

だから、相手の年齢を聞くことで、どのような話しかけ方が適切なのかを知る目的があるのだ。
 

日本人
おいくつですか?
 

日本人にとって、相手の年齢を知ることは、円滑な人間関係のための手段と言える。
 

海外の年齢に捕らわれず、フランクに接し合う文化も良いが、日本の年長者を敬う文化も否定されるべきものではないだろう。
 

日本人が年齢を気にする理由。
 

その理由の1つは、年長者を敬い、円滑な人間関係を築くためなのだ。
 

年相応を求められる同調圧力

ただ、この敬語の存在だけでは、日本人の年齢による偏見や差別を説明できない。

日本人
30歳を過ぎて独身?ヤバっwww
 

日本人
25歳で大学生?ウケるwww
 

日本人
その歳で転職?ムリwww
 

日本人
10代で妊娠?ちゃんと育てられるの?
 

ディ〇ニー
30歳以上のババァはいらねーんだよ!!!
 

日本人が年齢を気にするもう1つの理由。
 

それは、年相応を求められる同調圧力だ。
 

多くの日本人の中には・・・
 

日本人
みんな一緒♪ みんな同じ♪
 

という宗教に近い確固たる信念がある。
 

教育者である学校の教師が・・・
 

教師と言う名のナニか
髪は黒じゃなきゃけませーん!!
 

と地毛の色に関わらず、黒染めを強要するニュースが度々流れているのが、その大きな証拠だろう。
 

同じように、日本人の「画一性」を求める宗教は、ライフスタイルにも現れる。
 

日本人
29歳独身?早く結婚しないとwww
 

日本人
子供いないの?可愛そう。。。
 

本来、結婚も子供を産むのも選択であるべきだ。
 

大学も18歳で、親のカネで入学するのではなく、学びたい時に学ぶべき場所でなければならない。
 

30代で大学生ってそんなにおかしいか?

2021年3月10日
 

しかしながら、日本人の「みんなが同じであるべき」という宗教観がそれを許さない。
 

だからこそ、公平性が求められる大学入試で、18歳で入学することが当たり前となり、それ以外は減点という考え方になるのだ。
 

無能な大学教員
18歳で大学入学は優秀!それ以外は無能!

 

日本人
長い物には巻かれろ!
 

日本人
出る杭は打たれる!
 

と言った言葉は、そんな日本の異常なまでに「画一性」を求める宗教観をよく表した言葉だろう。
 

年齢で可能性を閉ざす日本社会


10代で妊娠すれば・・・
 

日本人
ちゃんと育てられるの?
 

30代で子供がいなければ・・・
 

日本人
子供はまだ?
 

このように年齢によって、細かくライフスタイルを強要される国・日本。
 

確かに、年齢によって細かくライフスタイルを強要すれば、相手と深いコミュニケーションを取らなくても、相手のことがわかった気になるし、とても楽だ。
 

日本人
あの人は30代で独身?性格に問題があるのかな。。。
 

しかし、それは相手のことをよく見ない怠慢な思考方法だ。
 

日本では「アラサー」や「アラフォー」といった年齢に関する言葉が流行し、女性の結婚年齢を揶揄した表現も枚挙にいとまがない。
 

相手の年齢で、相手を型にはめ分かった気になっていることが、「日本人はコミュニケーションが苦手」と言われる原因だろう。
 

今後、日本は未曽有の高齢化社会に突入する。労働力人口の減少で、外国人移民もますます増えてくる。
 

そのような日本で、年齢差別や年齢によって生き方を強要する社会は、持続不可能だ。
 

海外の多くの国の様に、年齢に捕られないフランクな文化を真似しろとは言わない。
 

しかしながら、年長者を敬い、子供に優しい文化を残しつつも、年齢によって生き方を強要される社会は是正されるべきだろう。
 


コメントを残す