最近の20代台湾人女子の性格と恋愛観の特徴を紹介してみる


以前、自分が中国の女の子(96年生まれ・上海出身)と付き合っていることは述べた。
 

実はこの彼女と出会う前に、2年程の間、台湾人の女の子(92年生まれ・台中出身)と付き合っていたことがある。
 

遠距離で、関係を終わらせることになってしまったが、自分にとっては初めての国際恋愛だった。
 

日本と台湾。お互いの印象も良く、アジア人同士であるため、文化や価値観も近い。 国際恋愛においては、日本人にとって、一番相性の良いパートナーになるだろう。
 

実際、自分の周りにも「日本人 × 台湾人」のカップルや夫婦は非常に多く存在する。
 

Facebook経由で出会った「日本人 × 台湾人」のカップルの出会いから結婚に至るまでの実話が、映画になったのも記憶に新しい。

その中で、今どきの90後(90年代生まれ)の20代の台湾人女子というとどんなイメージがあるだろうか?
 

同じ中華圏の20代中国人女子や香港女子とはどう違う?
 

そこで今回は、日本人男子と世界で一番相性の良いであろう、今どきの台湾人女子の性格や恋愛観をを解説していこう。
 

【関連】最近の20代中国人女子の性格と恋愛観の特徴を紹介してみる

最近の20代中国人女子の性格と恋愛観の特徴を紹介してみる

2018年6月27日
 

台湾人女子のイメージは?


東日本大震災時に約200億円の義援金を送ってくれた台湾。
 

日本に住んでいると、台湾人女子というと何となく「親日」というイメージがあるかもしれない。
 

だが親日という表現以外で、「台湾人女子のイメージは?」と問われると、中々答えることが出来ない人が多いのではないだろうか?
 

インターネットで台湾の女の子の特徴を調べてみると・・・

台湾の女の子の特徴
・美女が多い
・気が強い
・料理が不得意
・メイクしない

はたして、これらの情報は本当なのだろうか?
 
イマドキの90後(90年代生まれ)の20代の台湾人女子にあてはまるのだろうか?
 

そんな所を踏まえつつ、台湾人女子との付き合い方マニュアルとして、彼女達の特徴を「性格編」と「恋愛編」に分けて紹介していこう。
 

90後(90年代生まれ)の台湾人女子との付き合い方マニュアル

90後(90年代生まれ)の台湾人女子の特徴(性格編)

愛嬌抜群!フレンドリーで愛され上手

台湾人女子の一番の特徴。それは何と言っても「フレンドリーな明るい性格」だ。
 

台湾人女子は、同じ東アジア人として、日本人と似た様な文化や価値観を持ち、共通の話題も多い。
 

そんな似た者同士の台湾人女子だが、日本人と大きく違う点がある。
 

人見知りしがちな日本人に比べ、台湾人女子はオープンマインドで、人種・国籍に関わらず、誰とでも仲良くなれる性格を持っているのだ。
 

自分は、バックパッカーとして2年近く世界を周ったことは以前にも触れた。
 

その旅の道中、語学力のアップのために、カナダで英語、ボリビアでスペイン語の短期留学をしたことがある。
 

語学学校という場所は、同じ人種や国籍で固まりがちだが、そこで出会った台湾人の女の子達は、人種や国籍関係なく誰とでも分け隔てなく接し、みんなから好かれていた。
 

日本と同じ島国でも、南国という場所がら、その明るい性格はフィリピン人女性に近いものがある。
 

愛嬌もあり、愛され上手。
 

それが台湾人女子の一番の特徴なのだ。

ボディタッチは挨拶

台湾人女子はとにかくボディタッチが多い。
 

日本では「ボディタッチ」と言えば、女の子が好きな男に、好意を知らせるための必殺技の一つだ。
 

しかし、台湾人女子はこれを特別な好意を抱いてなくても、繰り出してくるので・・・

勘違い男
日本人男子は台湾人女子にモテる!
 

こう勘違いしてしまう日本人男子も少なくない。
 

だが、本当の恋人同士なら、ボディタッチだけでは済まず、公衆の面前でも日本人の想像の斜め上を行くくらいイチャイチャしてくるのが台湾人女子の特徴なのだ。
 

自己主張が強い?

日本人の間では「台湾人の女の子は自己主張が強い」ということをしばしば聞く。
 

だが世界を周って様々な国の人と接した経験から言うと、台湾人女性の自己主張などかなり可愛いものだ。
 

台湾人女子だけでなく、世界から見ればアジア女性は大人しい部類に入るのは間違いない。
 

ではアジアの中ではどうだろう?
 

自分の台湾人(元)彼女は中国企業の台湾子会社で働いており、中国人の同僚達について、よくこんなことを漏らしていた。

台湾人(元)彼女
中国の女の子は、自己主張が強くて苦手。。。
 
 

だが、そんな自己主張が強いと言われた中国人(イマ)彼女から言わせると・・・

中国人彼女
どうして、香港の女の子はあんなに自己主張が激しいの。。。
 
 

以上を踏まえると、台湾人の女の子の自己主張力は以下の様な立ち位置になる。
 

【女の子の気の強さ】
日本<<台湾<<中国<<越えられない壁<<香港(当社比)
 

確かに日本人女子に比べると少し我が強いかもしれない。
 

だが、同じ中華圏でも台湾人女子は大人しい部類に入ると言えるだろう。
 

料理をしない?

日本人の間でまことしやかに囁かれている「台湾人女子は料理しない」「台湾人女子はメイクしない」という噂。
 

これは本当なのだろうか?
 

料理に関して言うと、ある程度当てはまると感じる。
 

これは香港も同じだが、住宅が狭くキッチンが充実していないことや共働きが当たり前と言った文化的背景が理由とされている。
 

逆に中国人女子にとって、料理をすることは一般的だ。
 

中国人彼女も毎朝、会社に持っていく弁当を自分で作っている。
 

中国人彼女
中国人女性は家庭的なの♡
 
 

本人はこう言っているが、本当の理由は香港や台湾と違い、中国の住宅は広く、日本の様にキッチンスペースが充実しているからだろう。
 

メイクをしない?

次に「台湾人女子は化粧しない」と言う噂。これに関しては20代の台湾人女子に限って言えば、そこまで当てはならない。
 

自分の(元)彼女もカラコン、つけまのフル装備であったし、その他の台湾人女子の友人達もノーメイクで出歩くのは少ない。(もちろん日本と比較すれば、すっぴん女子はまだまだ多い)
 

台湾人(元)彼女
すっぴんで外に出るのは恥ずかしい・・・
 
 

これには日本と韓国のドラマやアイドル、化粧品の影響が大きい。
 

日本と韓国のドラマやアイドル(特にK-popアイドル)に影響されて、台湾では日本や韓国から輸入された化粧品が若い子の間で大人気だ。
 

街を歩けば化粧品関連の日本の有名女優や、韓国のアイドルのポスターを至るところで見る事ができる。
 

余談だが、同じく日本と韓国のドラマやアイドルが人気な香港では、20代の女子でさえ、メイクをしている子は少ない。
 

日本にワーホリをした経験のある香港人女子曰く・・・
 

香港人女子
日本の女の子は誰もすっぴんで出歩いていない!!
 

とカルチャーショックを受けていた。
 

アジア人女子のメイクについては以下の様な事が言えるかもしれない。
 

【女の子のメイク率】
香港<<中国<<台湾<<韓国<<越えられない壁<<日本(当社比)

90後(90年代生まれ)の台湾人女子の特徴(恋愛編)

台湾人女子はお姫様

台湾には「公主病」と呼ばれるものがある。
 

中国のドラマや台湾人の歌手が歌って有名になった言葉だが、日本語に直すと「お姫様病」、英語であれば”Princess sickness”と訳せる。
 

「病」と言う言葉が付くが病気ではなく、お姫様扱いしてもらわないと気が済まない女の子達を指した言葉だ。
 

具体的には・・

公主病の女性から求められるもの
・愛してると囁いて愛情表現
・電話は毎日
・Lineは即レス
・荷物は全て持つ
・デートでの家までの送り向かい etc
 

例を挙げればキリがないが、多くの台湾人女子は「男は女性に尽くさなければならない」と言う思いを抱いている。
 

そして、それに対して完璧に答える台湾人男子。
 

そんな包容力のある台湾人男子だが、自分の友人の台湾人女子達から言わせると・・・
 

台湾の友人A
台湾との男との恋愛はない!
 
台湾の友人B
なんかナヨナヨしているからね。。。
 

と手厳しい意見もチラホラ。
 

「台湾人女子はお姫様」と言っても、日本人が想像する様な甘いプリンセスではないことは確かだ。
 

自分大好き!自撮り大好き!

台湾人女子は自分大好きな子が多い。
 

スマホを使った自撮り率は、日本人は元より中国や香港の女子より多いだろう。
 

自分の台湾人(元)彼女も御多分に洩れず、InstaからFacebook、そしてスマホの待ち受け画像まで自撮りで埋め尽くされていた。
 

自分のスマホの待ち受け画像は、日本人に人気の「ウユニ塩湖」の絶景だったのだが、それを見た彼女は・・・
 

台湾人(元)彼女
つまらない待ち受け画像。。。
 

と掃いて捨てた。
 

自分大好きなお姫様。そんな台湾人女子には髪型や服、身につけているアクセサリーをひたすら褒めて、自尊心を満たしてあげれば効果はバツグンだ。
 

外見より中身が大事!

台湾をよく知る日本人の中で、台湾のカップルについて言われることがある。
 

それは台湾のカップルは「美女と野獣」が多いと言うことだ。
 

台湾の街を歩いていると、「なんでこんな男にこんな美女が?」と言う様な場面にかなりの頻度で出くわす。
 

その様子は、我々日本人の美的感覚と何かズレているのか?と思ってしまうくらいだ。
 

だが台湾人女子は、相手の外見より自分に尽くしてくれる優しい人が好きで、相手の中身を重視する傾向がある。
 

そのため、中身を磨けば誰にでも台湾人美女をGetできるチャンスがあるのだ。
 

ちなみに自分の台湾人(元)彼女は中々の美女だったが、自分も中々のイケメンなので、このパターンには当てはまらないことを強調しておこう。
 

デートでの割り勘はOK?

以前書いた中国人女子の特徴で、中国では割り勘という文化はなく、デートでの割り勘はNGと語った。
 

では台湾人女子はどうなのだろうか?
 

デートで男はどこまで負担するかと言う価値観。これは日本人女子と同じと考えて良い。
 

デートで全額支払えば喜んでもらえるし、男が多めに出すのでも良いだろう。
 

だだし、深刻な「公主病」の台湾人女子には注意したい。
 

尽くしてもらわないと我慢ならない「公主病」の台湾人女子に、割り勘を提案すると命の危険があるからだ。
 

台湾人(元)彼女
私は割り勘でも大丈夫だよ。
 
中国人彼女
中国では、都度どちらかが全額払うよ。割り勘は大学生くらいまで。

あなたの友達はわたしの友達

台湾人に限らず、中国人や香港人カップルは、お互いの友達を紹介し、仲良くなるのが当たり前の習慣として存在する。
 

日本人は「自分の友達は自分の友達」「恋人の友達は恋人の友達」、さらには「中学の友達」「高校の友達」「趣味つながりの友達」と友人をカテゴライズして別けて考えがちだ。
 

そのため、そのため彼女達は、日本人の間では、暗黙な不可侵なゾーンにも堂々と踏み込んでくる。
 

日本人の友達と電話で話していると・・・

台湾人(元)彼女
私にもその友達、紹介して!
 
 

日本の学生時代の集まりに行こうとすると・・・

中国人彼女
私も行きたい!
 
 

この様に日本人からすれば、「重い女」と認定されかねない行為だが、中華圏ではこうやって友情を広げていくのは当たり前の文化としてある。
 

ここで拒否すると浮気を疑われてしまうので注意が必要だ。

台湾人女子は日本や中国のことをどう思っている?


最後に台湾人女子は日本のこと、そして台湾を語る上で欠かせない中国のことをどう思っているのかについて書いていこう。
 

日本のことについては、アジアの国々で下記の様なことがよく言われる。
 

台湾人(元)彼女
ドラマや音楽は韓国、アニメや漫画は日本ってイメージ。
 
 

多くの台湾人女子もこの例外ではない。
 

アニメや漫画を好きなら、日本文化に興味を持ってくれている台湾女子はいるし、10万にあたりの日本語学習者が韓国に次いで多いというデータはある。
 

しかし、それ以外の大多数の台湾人女子から見れば、日本は数ある海外の国のうちの一つでしかない。
 

日本で台湾は「親日」という言葉で形容されるが、「日本人だから」と言って特別な扱いをされたり、モテたりすることは普通はないので、過度な期待はしない方が良いだろう。
 

では中国についてはどうであろうか?
 

中国と台湾の関係はとても複雑だ。その歴史はここでは説明しないが、中国は「台湾は中国の一部」と主張し、日本政府を始め、世界の多くの国では表向きこの主張を認めている。
 

自分の中国人の彼女も

中国人彼女
台湾は中国の一部でしょ!!
 

と譲らない。
 

それでは、今時の20代の台湾人女子達は中国のことをどう思っているのだろうか?
 

台湾人(元)彼女
中国政府はあまり好きじゃないけど、中国人は嫌いじゃないよ。
 
台湾の友人A
マナーのない中国人観光客はどうかと思うけど・・・仲の良い中国人の友達もいるよ!
 
台湾の友人B
特になんとも思っていないけど、自分たちは中国人っていう意識はないよ。
 
 

中国人が「台湾は中国の一部」と考えるのと反対に多くの台湾人はそう思ってはいない。
 

だが、中国政府にはあまりいい感情は持っていないものの、自分の周りでは中国人と個人的に友情を育んでいる台湾人も多い。
 

SNSを使って、簡単に国や文化を超えて人と付き合える環境で育った現在の若者らしく、「国と個人は別」と分けて考えている子達が多い様だ。
 

【関連記事】かわいい台湾人コスプレイヤー女の子!インスタおすすめBest10!

かわいい台湾人コスプレイヤー女の子!インスタおすすめBest10!

2018年12月2日

【関連記事】最近の20代中国人女子の性格と恋愛観の特徴を紹介してみる

最近の20代中国人女子の性格と恋愛観の特徴を紹介してみる

2018年6月27日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)