世界一周のその後は?仕事を辞めてまで行く世界一周のメリット

自分は海外移住する前に、サラリーマンを辞めてバックパック1つで、世界を約1年半周わった経験がある。いわゆる世界一周ってやつだ。
 

この決断をするまで様々な葛藤があったが、今になって振り返ると本当に世界一周をして良かったと思っている。
 

今回は、その1年半の旅を振り返って、自分が感じた世界一周をすることへのメリットを書きたいと思う。世界一周をして見たいけど、その一歩が踏み出せない人への参考になればと思う。

・メリットその1 世界中に会いに行ける友達が出来た


旅をしているとホステルや観光名所で、バックパッカー同士が仲良くなることがよくある。一緒にお酒を飲みに行ったり、観光したり、相手の国に遊びに行ったりと交友関係の範囲が世界中に広がるわけだ。
 

例えば、自分の場合は、ブラジルに住む友人と休みを合わせて、ヨーロッパを一緒に旅行したりと付き合う友人も行く場所もグローバルになった。今はFacebookはじめ、世界共通のSNSなどがあるので、どれだけ物理的距離が離れていても瞬時に連絡が取れる。こういうツールが国境という概念を取り払うのに一役買っているのは間違いないだろう。

 
ちなみに自慢ではないが(笑)今年の自分の誕生日にFacebook経由でお祝いメッセージをくれた友人は延べ15カ国。全員、この世界一周中に出会った友人達だ。

・メリットその2 英語が上達した


世界一周をする前は500点台だったTOEICのスコアも旅が終わったあとには、800点台後半まで上達していた。世界を旅していると英語が通じない場所もたくさんあるが、バックパッカーの共通言語はやはり英語だ。
 

残念ながら、世界一周をするだけでは英語は上達しない。しかし、各国からのバックパッカーと英語を話す機会は山ほどあるので、やり方や意識次第では英語を大幅に上達することができる。

1年半の世界一周中にTOEICを300点上げた話

2017.02.14

英語が上達すれば、帰国後に再就職する場合でも大きな武器となるだろう。

・メリットその3 忘れられない出会いや絶景の数々


世界一周中では、日本では考えなれない絶景の数々や地元の人との交流があった。アメリカの大自然、サハラ砂漠の夜の満天の星空、ヨーロッパの美しい街並み、中東の国々の壮大なモスク。
 

世界を周ると絶景だけでなく、その国の人との交流も忘れられない思い出になる。

南米のボリビアではホームステイをしてスペイン語を学び、イランでは地元の人の家に泊めてもらいながら、イスラム教の文化や風習を教えてもらったり、アメリカではキャンピングカーを借りて大陸を横断したりと何れも日本にいるだけでは経験できないことばかりだ。
 

世界一周は、ただの思い出づくりではなく、このような出会いを通じて、日本で育って築き上げていた「価値観」や「常識」を破ることが一番の醍醐味だと思う。

・メリットその4 自分の価値観の幅を広げられた


文化や習慣が違う人たちと交流することで、日本の「常識」や「当たり前」に縛られない考え方が出来るようになり、価値観や考え方、生き方の幅が大きく広がった。
 

日本では当たり前とされる人生、いわゆる「レール」から降りることに迷いがなくなり、このブログのタイトル通り「世界のどこでも生きていける」と感じられようになった。この経験が現在、海外で暮らしていくで大きな財産になっていることは間違えない。

最後に

世界一周について、時々「世界一周なんて、ただの遊びでしょ?」という声を聞くことがある。自分は、そういう人間には「遊びの何が悪いの?」と返すようにしている。
 

日本では「遊び」は甘え、自分にとってプラスにならないことと定義されることがある。実にナンセンスだ。
 

自分が今の会社に入社する時に、人事からこんなことを言われた。
 

「日本では有休を全部消化することは悪いことらしいですが、この国では、みんな有休を全部使っているので安心してください」
 

日本の文化を良く知ってるな(笑)と関心もしたが、そう、海外では有休を全部消化して全力で「遊んでいる」のだ。世界を周っている中で出会ったヨーロッパや南米出身のバックパッカー達は、みんな、仕事を辞めることなく、2週間から1ヶ月のバカンスを取って世界中を旅行している。
 

世界では「遊び」も「仕事」も全力で行うのがトレンドだ。「苦労は買ってでもしろ」という言葉に代表されるように「つらい経験」しか自分の成長や財産にならないなんて価値観や考え方は完全な時代遅れ。(もちろんそういう経験が人生で必要になってくるのは否定しない)
 

そのようなことに気づけたのも世界一周に行って良かったことの一つだ。
 

結局、世界一周の経験を自分にとってプラスのものにするかどうかは、その人本人次第なのだ。

出会いはたくさん!?世界一周バックパッカー同士の恋愛事情とは?

2017.10.19

世界一周のその後、年齢、期間、費用等を世界一周経験者50人から聞いてみた

2017.02.02

世界一周のその後は?仕事を辞めてまで行く世界一周のデメリット

2017.01.28

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です